犬・猫のペット保険比較検討サイト。口コミ評価多数掲載!

短い足がかわいいマンチカンは、スコティッシュフォールドと並ぶ人気の猫種です。短足ですが、運動神経は抜群で、ジャンプや木登りも得意。小型ですが、引き締まった筋肉質の体で活発に走りまわります。ちなみに、マンチカンの猫種名は『オズの魔法使い』の登場人物で小人の「Munchikin」に由来するそうです。
実はマンチカンの足の短さには種類があり、一番短いラグハガー、一般的な猫と同じスタンダード、中間のスーパーショートの3種類があり、足の短いマンチカンは全体の3割程度。 ラグハガー以外は一般的な猫と比べてなんとなく足が短く感じる程度ですが、大きな目や豊富な被毛パターンなど、マンチカンの魅力的なポイントは変わりありません。

性格

マンチカンは明るくフレンドリーな性格です。探求心が強く、部屋のなかを探検したり初対面の人でも警戒心なく寄って行ったりします。寛容な性格なので、マンチカンなら多頭飼いも問題なくできるでしょう。
賢く聞き分けがよく、マンチカンは猫にしては珍しくしつけがしやすいといわれています。一人遊びも得意で、留守番させやすいのもマンチカンの魅力。甘えん坊でもあるので、留守番のあとはしっかりコミュニケーションを取って甘えさせてあげてください。

飼い方・ケア

小さな体ですが、マンチカンは筋肉質で活発なので、運動できる環境を整えましょう。キャットタワーや追いかけるおもちゃは必須です。キャットタワーを設置する際は、短足タイプのマンチカンの場合は、あまり高さのないものを用意してください。
抜け毛はあまり多くなく、ブラッシングは長毛なら週に2~3回、短毛なら週に1回程度でも、毛玉ができたり絡まったりすることはありません。
がっしりした体を保つために食事は高タンパクが望ましいですが、老猫になって太りやすい傾向があるので、飼い主がしっかり体重管理しましょう。

気をつけたい病気

マンチカンは足が短いだけで胴が長いわけではないため、脊椎に問題はなく、短足動物が発症しやすい椎間板ヘルニアはあまり心配ありません。しかし、食欲旺盛なマンチカンは運動量の落ちる高齢期に肥満になる傾向があり、糖尿病や関節への負担などが心配されます。
マンチカンは遺伝性の病気が少なく丈夫な猫種で、一般的な猫が気をつけたい尿路結石や膀胱炎などの腎疾患、毛球症、感染症に注意すればいいでしょう。
肥満にさせないことがマンチカンの一番の体調管理法です。
保険加入前に先天的疾患(疑いも含む)を抱えている場合、 「補償対象外」や「引受不可(加入できない)」となる可能性があります。

また、加入可能な場合でも、保険加入後に先天性疾患の影響と見られる疾患を発症した場合、更新不可あるいは関連する病気以外の補償となる場合があります。
ペット保険商品の契約条件・免責事項は、保険取扱各社によって異なり、 今回ご紹介した傷病についても、各社により判断基準は様々です。 保険会社が発行している「保険約款」「重要事項説明書」に必ず目を通し、 保険商品の詳細を確認しましょう。

ご不明な点がある場合は、事前に各保険会社へとお問い合わせください。
ペットを飼われているみなさまの生活環境や生活様式、そして愛猫の状態に合わせて、ベストな保険商品を選択しましょう。

みんなのペットオンライングループ