犬・猫のペット保険比較検討サイト。口コミ評価多数掲載!

年間利用者数900万人の『みんなのペットオンライングループ』の安心のペット保険比較サイト※グループサイト全体の利用者数

大切なペットの万が一に備える!人気のペット保険の紹介から比較・検討までお手伝いいたします。

ペット保険比較・お問い合わせ・資料請求は全て無料!大切なペットに最適なペット保険を選びましょう♪ 各ペット保険会社の保険料と補償内容をかんたん一括比較!
ペットの種類
犬種※ペットの種類(犬)を選んだときのみ
年齢
 
900件突破! みんなの口コミ・評価・評判が続々!
  • 女性(40代) 埼玉県
    アニコム損保に関する口コミ

    アニコム保険ですが、提携している動物病院が多いのと、窓口の支払いも差し引いた金額を払うので安くすみます。但し、年間の使用回数が決まっていて、病気がちの我が家はどの位で使うか毎回悩みます。

    柴犬 2017年9月18日 9時29分
  • 女性(30代) 愛知県
    アイペット損保に関する口コミ

    ブリーダーをとおしたら、その日から加入出来た事は良い点ではあるが、ネット加入のみ割引き制度があった。紹介にも割引き制度があれば尚更良いと思う。保険料としては平均であり 安さはさほど感じない。

    マンチカン 2017年9月17日 23時42分
  • 女性(40代) 東京都
    アイペット損保に関する口コミ

    未だ、保険を使用したことが無い為、不明です。多頭飼いをしている為、すべて未だ保険を使用していませんので何とも判断がつかず、 感想は難しいです。

    ベンガル 2017年9月11日 10時32分
  • 女性(30代) 広島県
    PS保険に関する口コミ

    手続きがネットやスマホから出来て簡単。コスパや口コミめ良い。今後、窓口清算時に負担分のみ支払えるようになるとなお良いと思う。

    トイプードル 2017年9月7日 17時59分
  • 女性(50代) 広島県
    PS保険に関する口コミ

    まだ利用したことがないのでよくわかりませんが、高額な治療費を支払えないので、なるべく自己負担が軽くて毎月の支払い額も少ないもの、口コミでの評判などを判断した結果、この保険が良いのかと思いました。

    柴犬 2017年9月7日 10時31分
  • 男性(50代) 北海道
    アイペット損保に関する口コミ

    インターネットから申し込みを行ないましたが、加入申し込みから審査を経て、契約の発効に約一カ月の期間を要します。数万円程度の治療費であれば保険対応は考えなくてもいいと考え、アイペットの「うちの子ライト」に加...

    ノルウェージャンフォレストキャット 2017年9月4日 15時40分
  • 男性(40代) 千葉県
    アイペット損保に関する口コミ

    老犬になった時の莫大な医療等を考えると子犬のうちに保険は加入しといた方が良いと思います。 その家族により加入保険の選び方は違うと思いますが、ウチは何より毎月の支払いを安くしたかったので、この保険にしました。

    トイプードル 2017年9月2日 0時23分
  • 女性(20代) 大阪府
    アニコム損保に関する口コミ

    月に保険が使える日にち、または回数がすくない。 犬がわかいうちはまだいいとしても、年取ったら掛け金もたかくなるのに日にちが増えないのはへんだとおもう。...

    トイプードル 2017年8月29日 13時12分
  • 女性(30代) 滋賀県
    日本アニマル倶楽部に関する口コミ

    みんなのブリーダーからの継続で日本アニマル倶楽部に入りました。正直どこのペット保険に入ろうか悩みましたが、外耳炎の通院中もあり、...

    トイプードル 2017年8月29日 1時05分
  • 女性(30代) 岐阜県
    アイペット損保に関する口コミ

    3割、7割と 選べるのは良いと思う。毎月の掛け金がやや高い。年間一括払いの割引や、2匹目割引が欲しい。

    ベンガル 2017年8月26日 11時23分
  • 女性(40代) 大阪府
    日本アニマル倶楽部に関する口コミ

    保険金請求手続き方法も丁寧に教えてくれて安心できました。支払いも速やかです。風邪等でも通院回数が多いので、ペット保険に入っていてよかったです。

    スコティッシュフォールド 2017年8月26日 9時22分
  • 女性(30代) 熊本県
    アニコム損保に関する口コミ

    保険には加入しているが、まだケガや大きな病気にかかったことがないため保険会社に請求したことがない。そのため、現在のところ一旦保険を解約しようか検討中だ。

    チワワ 2017年8月25日 9時56分
  • 女性(30代) 大阪府
    アイペット損保に関する口コミ

    数あるペット保険で悩んでいたところ、こちらの保険は補償対象になっている疾病やケガも多く、支払いもスムーズでオススメですよ、と教えてもらいました。

    ミニチュアダックス 2017年8月23日 23時59分
  • 男性(40代) 千葉県
    ガーデンに関する口コミ

    手厚い補償だが、年間25000円程かかるので金額が高いと思う。1年が経ち自動更新され、勝手に金額が引き落とされていた。

    マンチカン 2017年8月23日 10時54分
  • 女性(40代) 愛知県
    ペット&ファミリーに関する口コミ

    まだ保険を使っていないのでなんとも言えないが、 保険料と保障のバランスはとれていると思う。 今のところ特に不満を抱いていることはない。

    スコティッシュフォールド 2017年8月21日 17時16分
  • 男性(50代) 神奈川県
    アイペット損保に関する口コミ

    万一の時に必要だと思いますが保険が高いと思うときもあろますが、仕方ないと思いますが子犬の時は絶対に必要です、...

    トイプードル 2017年8月21日 0時00分
  • 女性(40代) 東京都
    日本アニマル倶楽部に関する口コミ

    継続契約が簡単にできたのは良かったです。 保険についての感想はまた請求したことがないためわかりません。

    メインクーン 2017年8月17日 22時28分
  • 女性(60代) 大阪府
    アニコム損保に関する口コミ

    信頼できると感じていますし、窓口清算をしていただける事は、ありがたく、手軽で便利ですし、 受け付けの方が、しっかり説明してくださるので その場で納得できています。

    ミニチュアダックス 2017年8月17日 11時52分
  • 女性(30代) 青森県
    アイペット損保に関する口コミ

    継続すれば、補償開始されてからわかった病気はずっと補償されるのは、今後の長い治療になった時心強い。また窓口精算が出来るのも手間がはぶけて、使いやすい。

    アメリカンショートヘア 2017年8月16日 19時56分
  • 女性(10代) 愛知県
    日本アニマル倶楽部に関する口コミ

    まだ、よくわかりませんが、ペット保険は、はいっておくべきだと、ペットを飼っているお友達が皆さん口を揃えておっしゃっていたので、加入しましたが、まだ、使ったことがないので、わかりません。が、健康でいてくれる...

    チワワ 2017年8月14日 18時09分
口コミ・評価・評判(991)を見る
みんなのペット保険 総合満足度ランキング
口コミ・ランキングを見る

取り扱い保険会社について

みんなのペット保険が掲載している保険会社の一覧と特徴をご紹介します。

ペット保険について

ペット保険を比較するにあたっての基礎知識や必要性、選び方などを紹介します。

ペット保険とは

「ペット保険」は、ペットの病気やケガによる「通院」「入院」「手術」にかかる医療費を、保険会社が全額または一部補償する保険商品です。(補償の対象・割合は、保険商品によって異なります)

ペット医療には公的な保険制度なく、すべて完全自由診療のため医療費は「10割」負担となります。
ペット保険を有効に活用することで、医療費の負担額を軽減することができます。

ペット医療には公的な保険制度なく、すべて完全自由診療のため医療費は「10割」負担となります。ペット保険を有効に活用することで、医療費の負担額を軽減することができます。

ペット保険の必要性

飼育環境やペット医療技術の向上により、ペットたちの平均寿命は長くなってきました。
一方、高齢化に伴い病気発症リスクも高まりそれによりかかる医療費も増加しています。

犬にかかる1年間の医療費は75,400円、1か月当たり6,284円。猫は35,599円、1か月当たり2,967円。 ※アニコム損害保険株式会社:アニコム 家庭どうぶつ白書2015、アニコム 家庭どうぶつ白書2014
犬・猫がかかりやすい病気・症状にかかった医療費は腫瘍:243,800円、骨折:308,700円、膝蓋骨脱臼:292,500円、異物誤飲:220,800円、歯周病:108,400円。 ※アイペット損害保険株式会社:ご存じですか?ペット保険の常識

現在のペット保険加入率はまだ低く5%程度と推計されています。
しかし、ペット保険は必要と感じる方は80%以上、加入を検討している方は50%以上という調査結果もあり、
潜在的なニーズは高いと言えます。(*1)
大切な「家族」であるペットが、もしも病を抱えた時、万が一傷を負ってしまった時、医療費は必ず必要となります。
健やかに暮らしていくために「ペット保険」への加入を検討してみてはいかがでしょうか?

*1株式会社日本動物高度医療センター「成長可能性に関する説明資料」

ペット保険を選ぶ際にチェックするポイント

ペットの年齢など加入条件

各ペット保険には、加入対象年齢の設定がされおり、それより低くても高くてもペット保険に加入することができません。
またペットの年齢によって保険料も変わってきます。ペットの年齢に合わせて加入したい保険を選びましょう。

年齢以外にも特定の疾病の罹患暦、予防接種や健康診断の有無といったペットの条件から契約者の年齢などによってペット保険に加入できない場合もあります。
加入の条件は各ペット保険会社によって異なり、上記のような加入が難しい場合でも「条件付きでの加入」が認められるケースもありますので保険料と共に、加入条件も比較して検討しましょう。

ペット保険に加入できない例
  • 販売目的の動物や、警察犬・興行犬・猟犬・闘犬などのワーキングドッグ
    ※ペット保険会社によっては、身体障害者補助犬法で定める身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の加入を引き受ける会社もあります
  • 加入年齢に満たない、または加入年齢を超えているペット
  • 現在治療中の疾病または傷病があるペット
  • 加入前の一定期間内に、医療目的で動物病院を受信したことがあるペット

加入の条件は各ペット保険会社によって異なります。
また、上記のような加入が難しい場合でも「条件付きでの加入」が認められるケースもありますので、詳しくは各保険会社にご確認ください。

補償範囲

ペット保険の補償範囲となる医療行為は、「通院・入院・手術」の3つ。
3つすべてを補償する「フルカバー」タイプと、手術のみ補償など「限定補償」するタイプがあります。

ペット保険の補償範囲となる医療行為は、「通院・入院・手術」の3つ。3つすべてを補償する「フルカバー」タイプと、「手術のみ補償」など「限定補償」するタイプがあります。

注意するポイントとして、どちらのタイプも「健康体である個体への処置」は、基本的に補償対象外となります。
健康診断、ワクチン接種、出産・避妊など繁殖に関わる処置や「予防・美容」を目的とした処置は補償対象外となり、保険金が支払われません。

補償割合と限度額

補償割合とは、補償対象となる医療費のうち、保険会社が補償する割合のことを指します。
例えば補償割合が50%なら対象となる医療費の50%が保険会社から保険金として支払われます。

補償割合が50%なら対象となる医療費の50%が保険会社から保険金として支払われます。

特約や割引制度

ペット保険には特約をオプションとして付加し、より充実した補償を可能とする商品もあります。
さらに、条件により保険料の割引を受けられる制度もあります。
それぞれ各保険会社により加入の条件や対象は様々なので、基本のペット保険プランとともにご確認ください。

ペット保険の特約の一例
ペット賠償責任特約 ペットが他人にケガを負わせてしまったり、他人のものを壊したりして法律に基づく賠償責任を求められた際に、損害賠償金などを補償する特約です。
がん手術保険金特約 がん手術の際、通常支払われる手術保険金に加えて追加で保険金が支払われる特約です。
高度後遺障害保険金特約 ペットが障害を抱えた際、ペット用車いすなど移動補助器具の購入費用をサポートする特約です。
葬祭保険金特約 ペットが亡くなった際に、火葬・埋葬などのセレモニー費用をサポートする特約です。
診断書費用保険金特約 保険金を請求する際に診断書が必要となる場合、診断書作成費用が保険会社より支払われる特約です。
ペット保険の割引制度の一例
多頭割引 同じ保険会社で複数のペットの保険契約を結んだ際に、保険料が割引されます。
継続割引 同じペット保険を次年度も継続して契約することで、保険料が割引されます。
無事故割引 保険契約中の1年間に保険金の支払いがなかった場合、同じ保険を継続して契約した場合に保険料が割引されます。
マイクロチップ割引 ペット保険に加入するペットがマイクロチップを装着している場合に、保険料が割引されます。
インターネット割引 保険のお申し込み・契約をインターネットから行うと保険料が割引されます。

保険契約後の待機期間

保険商品によっては保険契約完了後に待機期間が設定されている商品もあります。
待機期間とは、保険契約開始期日から一定の間、補償対象外となる期間を指します。
その期間中に、補償対象となる傷病を発症しても保険金は支払われませんので注意が必要です。

待機期間の一例

契約開始日から「病気:31日後」「がん:61日後」など個別に設定されている場合

保険契約開始期日から一定の間、補償対象外となる期間を指します。その期間中に、補償対象となる傷病を発症しても保険金は支払われませんので注意が必要です。

保険金の請求方法

病気やケガの医療費のため保険金を請求する場合、現在では次の2つの請求方法があります。

窓口精算
窓口精算は我々が病院にかかるときに窓口で支払うのと同じような流れなので、手続きも少なく便利です。ただ、提携の病院などでないと利用できないので、動物病院を利用する際に対応の有無などをよく確認する必要があります。

窓口精算は我々が病院にかかるときに窓口で支払うのと同じような流れなので、手続きも少なく便利です。
ただ、提携の病院などでないと利用できないので、動物病院を利用する際に対応の有無などをよく確認する必要があります。

保険会社に直接請求
窓口精算は我々が病院にかかるときに窓口で支払うのと同じような流れなので、手続きも少なく便利です。ただ、提携の病院などでないと利用できないので、動物病院を利用する際に対応の有無などをよく確認する必要があります。

郵送による請求は全てのペット保険会社で対応していて、またどの動物病院にかかった場合でも請求が可能な請求方法です。
保険金の受取までには手続きの問題が必要となり、急な手術などで高額な医療費がかかった場合などには、一時的に全額負担しなければならないといったケースもあります。

ペット保険 お役立ち情報

お役立ち情報
  • ペット保険契約の流れ

    ペット保険契約の流れ

    ペット保険へと加入するまでにはいくつかの手順を踏む必要があります。こちらでは一般的な契約の流れをご説明します。

  • ペット保険の加入率・普及率

    ペット保険の加入率・普及率

    1947年、イギリスにて誕生したペット保険。日本国内では2008年には法施行され「免許制」が導入されたペット保険は信頼性を高め、少しずつ加入者を増やしています。

  • ペット保険のトラブル

    ペット保険のトラブル

    近年、ニーズが高まりつつあるペット保険ですが保険商品の認識・認知度の不足によるトラブルも発生しています。トラブルになり得るいくつかのリスクについてご紹介します。

  • ペットに多い疾病・治療費の目安

    ペットに多い疾病・治療費の目安

    数あるペット保険商品を比較するうえでは、発症しやすい「疾病」や起こり得る「傷病」について、知っておく必要があります。

お役立ち情報をもっと見る
アンケート集計結果

わんちゃん・ねこちゃんの幸せを常に考えている私たちにとって、 いつまでも長く、元気に楽しく暮らしていてほしいという想いは、強い「ねがい」でもあります。

みなさまの愛犬・愛猫が、安心して日々を暮らしていくために。「ペット保険」は、とても有効的なひとつの方法と私たちは考えています。

ペット保険に興味があるみなさま、 そして、ペット保険のことを知りたいみなさまにとって、「わかりやすく、具体的に」ペット保険を知ってもらえるように。

「みんなのペット保険」は、ペットを愛するみなさまをサポートします。

詳しく見る

みんなのペットオンライングループ