犬・猫のペット保険比較検討サイト。口コミ評価多数掲載!

保険金を請求するには、どのような方法がありますか?

A.質問の答え

補償対象となる保険金を受け取るには、「直接請求」する方法と「窓口請求」する方法があります。

◎直接請求
すべての保険会社が対応している請求方法です。
医療機関の窓口で診療費全額をいったん支払い、(必要な場合、事前連絡のうえ)保険会社に必要書類を送付し、保険金を請求します。

〔直接請求に必要な書類〕
・領収書、診療明細書(ともに原本。診療明細が分かる書類の送付が必要です。診療明細書は、保険会社指定の様式にて提出を求められる場合があります)
・保険金請求書(原本。保険会社様式による)
・診断書ほか(必要に応じて)

保険会社に書類が到着し、不備・追加確認事項などが無ければ、おおよそ30日以内に指定の口座へと保険金が振り込まれます。
※所要日数は、保険会社により異なります。
※保険会社によっては、一定期間内の保険金をまとめて請求できる(請求をお願いしている)場合があります。

◎窓口精算
保険会社が発行する「保険証(保険加入書)」を提携医療機関に提示することで補償対象の保険金が計算・精算され、窓口にて自己負担分の医療費のみ支払いが可能です。

※窓口精算の場合においても、直接請求が必要となる場合があります。
例):70%補償プランの商品において、50%相当のみ窓口精算が可能だった場合
この場合、20%補償分については窓口にていったん支払います。その後、医療機関(または被保険者)が保険会社へ治療内容を報告することで、残り20%分の保険金が後日指定口座に振り込まれます。

問題・疑問は解決しましたか?

もし解決しない場合は事務局へのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
一覧へ戻る

みんなのペットオンライングループ