犬・猫のペット保険比較検討サイト。口コミ評価多数掲載!

非常に胴が長く短足な体に、つぶらな瞳がかわいいフェレットは、世界中で人気のペットです。イタチ科の動物で、体長は35~50cm、体重は1~2.5kg程度。細い体は非常に柔軟性が高く、慣れない人はぐにゃぐにゃ曲がる体に驚くでしょう。
フェレットは繁殖が難しく、ほとんどが「ファーム」という繁殖場で生まれます。生物としては同じフェレットですが、ファームごとに改良され、顔立ちや毛色のバリエーションが増えました。 「マーシャル」「バズバレー」などと呼ばれるのはフェレットの種類ではなく、ファームの名前です。外見だけでなく、性格もファームでかなり傾向があるようです。
本来は夜行性といわれるフェレットですが、1日20時間以上も寝るため、あまり昼夜の区別はありません。飼い主の生活時間に合わせられるのもフェレットの人気の理由です。

性格

フェレットは基本的に好奇心旺盛で活発です。じゃれついたり甘えたりと忙しく、その様子からフェレットは「永遠の子猫」と知ばれることも。 首の後ろをつまむと大人しくなるところも猫と似ています。小さいながらとても賢く、自分の名前を覚えるのはもちろん、多少のしつけも可能。 人には懐きますが、自立心が高いので留守番も得意です。オスはおっとりと甘えん坊で、メスは活発な性格になる傾向があります。

飼い方・ケア

フェレットは細長い体で、飼い主の思いも寄らぬ場所に入り込むことがあります。ケージから出して自由に遊ばせることは大事ですが、フェレット目線でチェックしておきましょう。
販売されているフェレットは、ほとんどが避妊と臭腺除去の手術が済んでいます。そのため、本来よりは臭いませんが、それでもある程度独特の臭いがあるでしょう。
2~3週に一度はシャンプーし、フェレットの使うベッドなどもこまめに洗濯しましょう。耳のなかが臭うことも多いので、こまめに耳掃除もしてください。抜け毛はありますが、毛が太く重く、空中に舞わないので掃除は簡単です。
フェレットは体温調節が苦手なので、温度の管理は気を遣わなくてはなりません。特に暑さに弱く、夏場はエアコンをつけっぱなしにするなどの対処が必要です。

病気

4歳以上からフェレットは病気にかかりやすくなり、特に「副腎腫瘍」「インスリノーマ」「リンパ腫」は三大疾患と呼ばれています。 ふだんと違う兆候があればすぐ気付けるよう、日常的な健康管理が重要です。さらに、フェレットは好奇心旺盛で、脱走したり誤飲したりでトラブルが多いので、受診できる病院を必ず見つけておきましょう。
また、フェレットは人間の「インフルエンザ」が感染します。逆にフェレットから移されることもあるので、要注意です。
保険加入前に先天的疾患(疑いも含む)を抱えている場合、 「補償対象外」や「引受不可(加入できない)」となる可能性があります。

また、加入可能な場合でも、保険加入後に先天性疾患の影響と見られる疾患を発症した場合、更新不可あるいは関連する病気以外の補償となる場合があります。
ペット保険商品の契約条件・免責事項は、保険取扱各社によって異なり、 今回ご紹介した傷病についても、各社により判断基準は様々です。 保険会社が発行している「保険約款」「重要事項説明書」に必ず目を通し、 保険商品の詳細を確認しましょう。

ご不明な点がある場合は、事前に各保険会社へとお問い合わせください。
ペットを飼われているみなさまの生活環境や生活様式、そしてペットの状態に合わせて、ベストな保険商品を選択しましょう。

みんなのペットオンライングループ