犬・猫のペット保険比較検討サイト。口コミ評価多数掲載!

少額短期保険会社

読み方:しょうがくたんきほけんがいしゃ

少額・短期の保険商品を取り扱う保険会社です。
現在、日本国内でペット保険商品を取り扱う多くの保険会社は、この少額短期保険会社です。

Point以前、ペット保険は無認可共済のひとつ「ペット医療共済」として運営されていました。
しかしその後、2006年4月に施行された改正保険業法のもと、根拠となる法規のない無認可共済は、契約者保護の観点により廃止となります。


無認可共済は、
・2008年まで保険会社免許を取得
・同じく少額短期保険業者へ移行する
・2008年4月以降の新規募集ならびに2009年4月以降の契約更新を停止する
上記いずれかからの選択を迫られ、ペット保険を取り扱う多くの会社が「少額短期保険会社」として、再スタートを切る道を選びました。

少額短期保険会社の主な要件

  • 財務局による登録制
  • 資本金:最低1,000万円以上
    ※最低資本金を基準として、同額以上の純資産額を要する
  • 年間収受保険料は50億円以下
  • 生命保険、医療保険の商品も販売可能
  • 保険商品の期間は「1年以内」(損害保険は2年以内)、同じく保険金額は「1被保険者について、すべての少額短期保険における合計額は1千万円が上限」です。
  • 保証金の供託が義務づけられている
少額短期保険会社における契約者保護
少額短期保険会社には、損害保険会社のようなセーフティネットはありません。
そのため、最低資本金とは別にして、保証金の供託が法令により義務づけられています。
供託金の算定方法は「前事業年度における正味収入保険料×5%+1000万円」で、事業開始時には1,000万円の保証金を供託する必要があります。
少額短期保険会社が経営破綻した場合は、この供託金の中から保障されます。

他のペット保険会社に関する用語(同カテゴリのリスト表示)
損害保険会社
損害保険契約者保護機構
無認可共済
ペット保険用語集一覧に戻る

みんなのペットオンライングループ