犬・猫のペット保険比較検討サイト。口コミ評価多数掲載!

補償対象となる、ならないの基準を教えてください

A.質問の答え

補償開始後、ペットが病気やケガにより動物病院を受診した際、治療目的の医療費については補償対象となります。健康体のペットに施す処置(予防行為・美容目的の施術など)は、原則補償対象外となります。
※保険会社によって、補償対象が異なります。補償対象の条件については、事前に保険約款を確認しましょう。
※保険商品により、通院・入院・手術すべてを補償するタイプや、手術のみ補償するタイプなど補償範囲が異なります。
※保険対象となる医療費が発生しても、保険約款により設定された特定の場合について補償対象外となることがあります。この特定の場合を「免責」と言います。

問題・疑問は解決しましたか?

もし解決しない場合は事務局へのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
一覧へ戻る

みんなのペットオンライングループ